トイレのドアをすぐにリフォームした理由

PR|戸建てのリフォームを練馬区でするなら|
建売住宅で一戸建て住宅を購入したのですが、トイレをそうそうリフォームすることになりました。けれども正確に言えば、トイレのドアのリフォームですね。いやもっと言えば、トイレのドア自体とレールの部分だと言えるでしょうか。

なぜに建売住宅を購入してすぐにリフォームなのかと言いますと、それはトイレのドアの位置がまずかったからです。開閉式のドアなのですが、明らかに「押す」「引く」の向きが逆でしょうかと思われる位置だったんですよね…。ドアが廊下側に開いてくれればトイレに入る時もスムーズだったと思うのですが、廊下もそれほどまでにはスペースがないからでしょうか。トイレ側に開くドアになっているのですよね。

しかし、そのトイレにしても十分なスペースがありませんから、トイレ空間に入るのもドアを忍者のようにそーっと避けていかなくてはならなくって、これが毎度大変なストレスでした。ですから早々にリフォームをしたのです。

そして引き戸にしてもらいました。幸い廊下側に引き戸のレールを出すことで引き戸にすることができましたので。どこの誰が考えたのかわかりませんが、トイレのドアは失敗なものでしたので引き戸にできて良かったですよ。しかし新築して1年もしないうちに既にリフォームとは納得いかない部分もありますが、けれどストレスをためながら生活することを考えたらこれで良かったと思っています。

PR|健康マニアによる無病ライフ|GetMoney|サプリメント|英語上達の秘訣|家計見直しクラブ|サプリメント|アフィリエイト相互リンク|JALカード|生命保険の口コミ.COM|童話|英語上達の秘訣|オーディオ|ショッピングカート|お小遣いNET|生命保険の選び方|心の童話|SEOアクセスアップ相互リンク集